スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スティーブン・タイラーの国家独唱に物議!?

スティーブン・タイラーの国家独唱に物議!?

 22日のNFLのAFC王者決定戦の試合前に、国歌を独唱したエアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラー(63)の歌唱が全米で大きな物議を醸している。
 「国歌を虐殺する」「国歌が台無し」などの批判が相次ぎ、タイラーが審査員を務める人気番組「アメリカンアイドル」で「次のラウンドに進めるのか」と揶揄する声も。「キーが外れ、歌詞もめちゃくちゃ」との声がある一方、ロック歌手らしいパフォーマンスに「そんなにひどかったか?」と擁護する声も出ている。(SANKEI EXPRESS)

参照記事⇒http://sankei.jp.msn.com/world/news/120125/amr12012510040002-n1.htm



実際のところ、どうなんでしょう?

聞いてみましょう。

       







・・・いつも通りのスティーブン・タイラーだと思うんですが?

特に、良い・悪いとは感じませんでした。

しかし、この動画に低評価をしている人は2000人以上いますね。(高評価は大体4000人)




自分はアメリカ人ではなく日本人で、しかも長らくスティーブン・タイラー(というよりはエアロスミス)のファンで、それを了承し記事を読んだ上でこの動画を見たので、自分の視点には確実にフィルターがかかっているでしょう。

こういう感じでプラスの方向にバイアスがかかっているので、自分は正常な判断が出来ていないのかもしれません。




思うに、“ロック”というものって情動優先の音楽ではないでしょうか?

当然、技術があるにこした事はないと思いますが、そういうある種の情動がない場合、それはもう“ロック”ではなくなってしまうと思うんですよね。

そのある種の情動って、大抵は年齢と共に解決・解消・消失していくものだと思います。

世阿弥の「風姿花伝」に出てきていた「時分の花」を連想します。
(時分の花 : 年齢によって現れ、年齢が過ぎれば散っていく花)





もう一点。

歌に限らず、独唱や独奏の難易度の高さでしょう。

いうまでもなく、ムチャクチャ難しいです。

今回のことを例に考えると、これは単純な旋律をそれのみで音楽的にサウンドさせなければいけない訳です。

しかも聞く人の心を揺さぶるレベルで。
(とはいえ今回の場合は、“国歌”からのバイアスを確実に受けてしまいますが・・・)



少し想像してみてください。

例えば、「ふるさと」や「夕焼小焼」のような童謡(ですかね?)を己の歌・旋律の演奏のみで、聞く人の心に訴えることが出来るかどうかと言うことを。








こう考えていくと、問題は公の場での国歌独唱を誰に任せるかという選択ではないでしょうか?

そうなってくると、“公”や“国”という概念、それを大多数の人間がどう捉えているか、等の話になってしまいそうです。

また国籍(母国)によっても差異が出てくるかもしれません。



・・・あまりにも話が広がりすぎるので、この辺で留めておきましょう。



ただ、素晴らしい音楽・演奏はそういった問題を超えていく、というのが自分の信じていたいと思おう持論です。


「音楽に国境は無い」と言葉にしてしまうと、あまりに陳腐で味気ないですが・・・
(まぁ、コレは自分自身の言葉の重みが原因でしょうがw)










なんかチラシの裏にでも書いておけよ、って感じですねw

無い頭を使ったので疲れましたYO

スポンサーサイト

11弦ベースで『スーパーマリオ』のテーマ曲!!

11弦ベースで『スーパーマリオ』のテーマ曲!!



      




いやぁ、何時の世にも変態(ほめ言葉)はいるんですね!
















・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

        ____
        /     \            ↓コイン拾得の音
     /:::::::─三三─\
   /::::::::: ( ○)三(○)\    \ピコーン ピコーン ピコーン♪/
    |   、" ゙)(__人__)ル ゚。 ゚     ___________
   \      ゝ'゚      ≦ 三 ゚ | |             |
__/     。≧       三 = | |             |
| | /    ,   -ァ,       ≧=  .| |             |
| | /   /    .イレ,、       >  | |             |
| | | ⌒ ーnnn ,≦`Vヾ  ヾ ≧   |_|___________|
 ̄ \__、("二)。゚ /。・イハ 、\、l二二l二二 _|_|__|_


スクウェア・エニックスの人気楽曲がオーケストラサウンドに!!

スクウェア・エニックスの人気楽曲がオーケストラサウンドに!!

 2012年1月7日,東京文化会館 大ホールにて,Merregnon Studios主催,スクウェア・エニックス協力によるオーケストラコンサート「Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX」が開催された。
 これは,スクウェア・エニックスのゲームミュージックをテーマに,フルオーケストラとクラシック界のスターが夢のコラボレーションをするというコンサートだ。2009年にドイツで行われて好評を得ており,その日本公演となる。
 「キングダム ハーツ」「聖剣伝説2」「クロノ・トリガー」「クロノ・クロス」「 ファイナルファンタジー」といったスクウェア・エニックス作品の楽曲がフルオーケストラで披露されるとあって,発表時から多くのファンの注目を集めていた。
(以下略)
参照記事⇒http://www.4gamer.net/games/113/G011346/20120108001/




うお、これ知らなかった!

見に行きたかったなぁ・・・

セットリストは

1.
Fanfare Overture 作曲:ヨンネ・ヴァルトネン(Jonne Valtonen)

2.
FANTASY I : キングダム ハーツ 原曲作曲:下村陽子
構成曲
Dearly Beloved(キングダム ハーツ)
Sora(キングダム ハーツII)
Hand in Hand(キングダム ハーツ)
Kairi(キングダム ハーツII)
The Other Promise(キングダム ハーツIIファイナルミックス+)
Happy Holidays!(キングダム ハーツIIファイナルミックス+)
A Flight to the Death(キングダム ハーツII)

3.
FANTASY II : 聖剣伝説2 原曲作曲:菊田裕樹
構成曲
天使の怖れ(聖剣伝説2)
少年は荒野を目指す(聖剣伝説2)
永劫回帰(聖剣伝説2)
予感(聖剣伝説2)
呪術師(聖剣伝説2)
薔薇と精霊(聖剣伝説2)

4.
FANTASY III : クロノ・トリガー/クロノ・クロス  原曲作曲:光田康典
構成曲
予感(クロノ・トリガー)
CHRONO CROSS~時の傷跡~(クロノ・クロス)
クロノ・トリガー(クロノ・トリガー)
やすらぎの日々(クロノ・トリガー)
王国裁判(クロノ・トリガー)
疾風(クロノ・クロス)
運命に囚われし者たち(クロノ・クロス)
遥かなる時の彼方へ(クロノ・トリガー)
魔王決戦(クロノ・トリガー)
カエルのテーマ(クロノ・トリガー)

5.
FANTASY IV : ファイナルファンタジー 原曲作曲:植松伸夫
構成曲
プレリュード(ファイナルファンタジー)
闘う者達(ファイナルファンタジーVII)
片翼の天使(ファイナルファンタジーVII)
チョコボのテーマ(ファイナルファンタジー)
迷いの森(ファイナルファンタジーVI)
ビッグブリッヂの死闘(ファイナルファンタジーV)
オープニング・テーマ(ファイナルファンタジー)
オープニング ~爆破ミッション(ファイナルファンタジーVII)

6.
Final Boss Suite (アンコール曲)
構成曲
Destati(キングダム ハーツ)
子午線の祀り(聖剣伝説2)
世界変革の時(クロノ・トリガー)
片翼の天使(ファイナルファンタジーVII)
魔導士ケフカ(ファイナルファンタジーVI)
妖星乱舞(ファイナルファンタジーVI)




という感じだったようです。

知らない(プレイしたことがない)ものもいくつかありますが、聞きたいものも沢山ありますね!!

特に片翼の天使(ファイナルファンタジーVII)が自分は聞きたかったです。

実際に生で聞きたいのですが、映像ソフトとかでないんでしょうかね?

『POP MASTER / 水樹奈々』PV!!

『POP MASTER / 水樹奈々』PV!!

     


水樹奈々さんが紅白で歌う『POP MASTER』のPVです。

知らない曲を聴くより、当然知っている曲を聴いたほうが楽しめますよね。

まぁ、ファンの方には今更な話でしょうがw




こう言っては失礼に当たるかもしれませんが、声優にあるまじき歌唱力ですよね。
(何を専門としているかの違いです、基本的に両者を平行して成り立たせるのは難しいことのように思えます)

以前なにかで、元々は歌手志望だったと聞いた覚えがありますが、実際に歌を聞いてみると納得です。

OPの曲が菅野さんということなので、そちらともあわせて楽しみです!


菅野よう子、NHK紅白のオープニングテーマを作曲!!

菅野よう子、NHK紅白のオープニングテーマを作曲!!

 NHKは26日、「マクロスF」や「創聖のアクエリオン」「攻殻機動隊S.A.C.」などの作品で音楽を担当した作曲家・菅野よう子さんが今年の紅白のオープニングテーマ「1231」を作曲したと発表した。 
 明るい未来へ向けた幕開けを表現するオープニングテーマに乗せて、司会の嵐と井上真央が開会宣言する。菅野よう子さんは宮城県出身。「1231という数字の持つリズム、若々しさ、紅白の原点である「歌合戦」を表現するという大きな課題をいただきました。夢の舞台の幕開けをお手伝いできてうれしいです」とコメントしている。

http://www.rbbtoday.com/article/2011/12/26/84606.html


おお、これは楽しみだ!!

正直に言えば、紅白で気になる人と言えば水樹奈々さん以下数名ぐらいでしたので。

もう何年も紅白をシッカリ見るなんてことも無くなってしまっていたので、こういう話は嬉しいです。

まぁ、自分の好きなアーティストじゃなきゃヤダヤダヤダぁぁぁあ、という駄々というか、我侭な理由ではありますが・・・




取り敢えずは、どんな曲なのか楽しみにしていましょう!!


YouTubeに「初音ミク」公式チャンネルを開設

YouTubeに「初音ミク」公式チャンネルを開設


 クリプトン・フューチャー・メディア(株)は、YouTubeに「初音ミク」の公式チャンネルを開設した。これにより同社は、楽曲のクリエイターや、そのファン、リスナーの交流がより活発になることを期待するとともに、クリエイターへの広告収益を分配することも表明している。以下略
DTMマガジンより 記事全文⇒http://www.dtmm.co.jp/item/718



これに限った話ではないと思いますが、こういった話題はすごく面白いもののように思えます。

自分は当時の状況を詳しく知っているわけではないのですが、おそらく10年前には無かった動きのように思えます。

この10年間ぐらいの記録媒体の変移デジタル技術の進歩は目を見張るものがあるように思えるのですがどうでしょうか?

記録媒体の変移に関しては、インターネットの発達と使用状況といったほうが良いかもしれません。

私観ですが、ネットを介して記録(データ)を共有することによって実際に現物を持つ必要が必ずしも無いという状況に近づいているように思えます。(気のせいかもしれませんがw

DAWを触ったことのある人ならばデジタル技術の進歩に驚かされた人も多いかと思います。

その一つがボーカロイドなわけで。

個人的には、melodyneのDNA(=Direct Note Access)技術(ポリフォニーのwavをmidiのように編集できる!!)や、ViennaのVSTiやTrilianといったやたらリアルなソフト音源に目がいきます。

この2者の要因(記録媒体の変移とデジタル技術の進歩)が重なることによって発生してきた動きのように思えます。



とはいえ、これ以前から存在しているものも蓄積やその存在の規模の大きさから言って無くなることは無いでしょう。

しかし、以前の本流であったものとは別の流れが生まれるかもしれないと考えると、何かわくわくしてきませんか?



・・・

・・・・・・

視点を変えると、状況はどんどん厳しくなるとも取れますが・・・




こういったことを考えながらボカロの曲を聴いたり、状況を見てみたりすると今までとは違った楽しみ方もできると思いますよ。





残酷な天使のテーゼ - GLAY バージョン

残酷な天使のテーゼ - GLAY バージョン




まどか☆マギカ メインテーマ

営業のテーマなどとも呼ばれているらしいこの曲(正式にはSis puella magica!)。

まんだみや氏による、そのフルオーケストラアレンジとのことです。





初めて聞いたときの衝撃はそれはもう凄かったですよ。

なんじゃこりゃ!って感じでw

アレンジの勉強を始めたばかりの入門者(しかも独学)としては、唖然としつつも憧れたりですわ。

ここはどうなってるのかな、とか、音源はviennaかな、とか色々考えながら聞いてましたね。


次回作生演奏版(!!)も公開予定
とのことなので、詳細が待ち遠しい!!



| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。