スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

2011年、どんな年だった?

2011年、どんな年だった?



2011年も残すところ、あと数時間となりました。


まず自分が最初に思い出すのは震災です。これについては多くを語れません・・・




暗い話題は取り敢えず置いておくとして、次いで思い出すことはアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』です。

とにかく素晴らしいアニメでしたね!!

自分は、新房監督+蒼樹うめさん+虚淵玄さん+劇団犬カレー+梶原由記さんという布陣と知った時点で、これは絶対に見なければ、と決めてましたね。

新房監督の絶望先生やひだまりスケッチ、ひだまり原作の蒼樹さん、沙耶の唄の虚淵さん、絶望先生の改編OP等の犬カレー、空の境界の梶原さん、という感じで5者のことを知っていたので、これはどうなるのか!?て感じでした。

具体的には蒼樹さんのかわいらしいキャラが酷い目にあうというのが想像できなかったんです。

脚本が虚淵さんでしたしw

「ひだまりスケッチ」という前提がある上でのかわいらしいキャラクター、というある意味での完成された存在が不遇な目にあう、というのはスタンダードな悲劇の構造をとっているように思います。

それによるカタルシスを視聴者に与えるわけです。

そしてそれに加え、10話まで見てみると、この話はヒーローの、ある種の英雄譚なのかなと。

ヒーローといっても、漫画「うしおととら」の主人公うしおのように最初から完成された強いヒーローではなく、何の力も持たない小さな者が血反吐を吐きながら歩き続ける、というある意味では土臭い話ではないでしょうか?

そしてそれを経験するのがかわいらしいキャラクターたちであるというキャッチーさ、ずば抜けたセンスのデザイン、物語を分厚くする音楽、そいてそれらを統合し演出していく(といっていいんでしょうかね?)洗練された手腕。

そういったものが一つになってこの作品が生まれたのでしょう。

一つでもかけたら全く別のものになってしまいそうです。

限定的に「アニメ」というより、物語の力強さを感じた作品でした。

次にこれほどの作品に出会えるのは何時になるでしょうか?



物語論(?)に関しては自分もシッカリ勉強したわけではないので、変なところや間違ってるところがあったら突っ込んでもらえると有難いですw

興味がある方はアリストテレスの『詩学』とあわせて、渡邊二郎氏著『芸術の哲学』を読んでみることをお勧めします。

特に『芸術の哲学』の方はかなり分かり易く書かれていると思いますので。






・・・

・・・・・・

2011年の個人的総評を書こうとしてたのに何時の間にか『まどか☆マギカ』のただの感想になってるじゃなイカ!?

・・・それだけ衝撃が大きかったと言うことにしておいてくださいw

関連記事
スポンサーサイト

まど☆マギの勢いは半端じゃなかったですね(^^)
気がつけば夢中になってましたw

まど☆マギのゲーム・・・僕もPSPから買うか迷い中です(^_^;)

by: atsushi_caster5 * 2011/12/31 18:27 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: タイトルなし
あの勢いはホント凄かったですよね!
だからこそ、放送休止になった時の焦らされ感といったらもうw

ゲームは色々余裕があれば即購入決定なんですけどねぇ…
迷いますw
by: nana700 * 2011/12/31 23:38 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。