スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Bill Evans / Waltz For Debby

Jazzの私的名曲紹介 その1

今回は Bill Evans / Waltz For Debby



ウィリアム・ジョン・エヴァンス(William John Evans, 1929年8月16日 - 1980年9月15日)は、アメリカのジャズ・ピアニストである。

クロード・ドビュッシーモーリス・ラヴェルなどのクラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイ、といった演奏は、ハービー・ハンコックチック・コリアキース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。
 (Wikipediaより抜粋)



これはファースト・リーダー・アルバム「NEW JAZZ CONCEPTION」収録のピアノ・ソロです。

エヴァンスの代表曲の一つでもあります。

Wikiの紹介にあるとおり、色彩的な(印象主義的な)ハーモニー・リリカルなメロディー・繊細な音色等が彼の演奏の特徴ではないでしょうか。

自分はそういったものから形作られる、ある種の独特な暗さにとても惹かれます。

それが何なのかは、Wikipediaなどで彼の来歴を知ればなんとなく想像ができるかと思います。

ジャズに限らず、そういう想像を巡らしながら聞いてみると音楽を一層楽しめるのではないのでしょうか。




まあ、そんな堅苦しいことを考えず、綺麗なピアノを聴きながら一杯やるのもいいものだと思いますよ?






関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。