スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

最終回が思い出深い漫画は?

最終回が思い出深い漫画は?

大好きなマンガが終わってしまったとき、「まだ続きを読みたい」と思うか、「このラストでよかった!」と思うかは人それぞれ。ときには、意外なエンディングに驚かされることもあります。今まで数々出会ってきた最終回の中でも、忘れられない作品の思い出がある人は多いのでは? そこで男性388名・女性612名に、最終回が思い出深いマンガを聞いてみました。 ※ネタばれも含まれるのでご注意ください。

Q.最終回が思い出深いマンガは?(複数回答):【男性編】
1位 『SLAM DUNK』 35.0%
2位 『DRAGON BALL』 13.9%
3位 『タッチ』 11.9%
4位 『幽☆遊☆白書』 10.6%
5位 『めぞん一刻』 10.3%


Q.最終回が思い出深いマンガは?(複数回答):【女性編】
1位 『SLAM DUNK』 20.9%
2位 『花より男子』 15.7%
3位 『タッチ』 14.5%
4位 『天使なんかじゃない』 12.9%
5位 『ママレード・ボーイ』 9.6%
5位 『幽☆遊☆白書』 9.6%

(以下略)
参照記事⇒http://news.nicovideo.jp/watch/nw174726?marquee
       http://cobs.jp/enquete/realranking/2012/01/8_2e.html


男女ともに『SLAM DUNK』『タッチ』『幽☆遊☆白書』が5位以内に入ってますね。

自分もこの3つの漫画には納得です。

各々、別々の思い入れがありますねぇ。

『めぞん一刻』のラストも好きでした。



このランキングの中には入ってはいませんが、個人的に凄く印象深いラストを迎えた漫画と言えば無印版『銃夢』ですかね。

そのラストを改変しての続編『銃夢LastOrder』も凄く面白いんですが、無印版『銃夢』のラストの美しさは素晴らしいものがあると思います。

主人公(ヒロイン)ガリィが自己犠牲(と言っていいのだろうか?)によって変わったその姿が『花』であったこと。

またその後日談での、発狂したノバァ教授の語り(書置き)。

確かに無印では放りっぱなしになってしまったところもあったかもしれませんが、ラストの、自分の貧弱なボキャブラリーでは美しさとしか言いようがないものは、今だに脳裏に焼きついています。



なので自分は『銃夢』と『銃夢LastOrder』はパラレルワールド、という感じで捉えています。






皆さんはどんな漫画のどんなラストが印象深いですか?




関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。