スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

さかなクンに"さん"付けは必要!?

さかなクンに"さん"付けは必要!?
本人「さかなクンでお願いします」



 お魚らいふ・コーディネーターで東京海洋大学客員准教授のさかなクンは2012年1月13日、BSジャパン『勝間和代#デキビジ』の収録に出演し、自身のユニークなキャラクターを形成した背景について語った。また、司会を務めた勝間和代氏が「さかなクンさん」と呼んだほうがいいか確認すると、さかなクンは「さかなクンでお願い致します」と笑顔で答えた。(以下略)
参照記事⇒http://news.nicovideo.jp/watch/nw179563





確かにコレはどっちが良いんだろうかなぁ、などと思っていましたが「さかなクン」で良いようですね。

とはいえ、さかなクンさんと言いたくなってしまいますがw


記事中の勝間さんの仰っている、

「さかなクンの話を聞いていると、『純粋に夢を追うなんてバカらしい』と思う方がバカらしい。しっかりそれをやっていくと応援団やさまざまな偶然が良い方向に動いて(夢が)叶うべくして叶うような感じがする」

という言葉や、

勝間氏によれば、最近の研究では「成功すると楽しいではなく、楽しんでいるから成功する」というデータもあるという。これには、さかなクンも実際そう感じているといい、「一生懸命であったり、楽しんでいたり、無我夢中でやっているとどんどん嬉しい循環で(回ってくる)」と答えた。



などを読むと、うむ、なるほど!、と大いに頷けます。

これはさかなクンだから説得力もあるんだろうなぁと思います。

本当に『楽しむ』ということの重要性を思い知らされます。

『楽をする』ではなく、あくまでも『楽しむ』ということなんでしょう。

これは自分にとっても大きな課題です。

『楽しむ』を意識せず自然に出来るよう、そういう成長を自分もしたいものですね。



参照記事の方も読むことをお勧めしたいです

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。