スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

エレキギターのシールドケーブル

エレキギターシールドケーブルについて


なんともニッチな話題ですが、先日とある方のギターブログでエレキギターのシールドケーブルについて触れられていたので自分も少し書いてみます。



基本的にはエレキギターは、楽器本体(ギター)・アンプ・両者を繋ぐケーブル の3つの部分で成り立っています。

自分は3つの部分の総称がエレキギターだと考えています。

どのような流れで音が出るのかを簡単に説明しますと、以下のようになります。
(矢印の方向に音(信号)は流れていきます)




ギター本体(弦を弾くことにより出る音を、ピックアップという備え付けの専用のマイクで集音し、その信号を送り出す)

    

シールドケーブル(電磁的に遮蔽されたケーブル)

    

アンプ(受け取った信号(音)を増幅しスピーカーから音を出す)




かなりザックリとではありますが、こんな感じです。

機材的(音響的)音質を改善・向上させるための、最も影響度が高い部分は実際に音が出るアンプになります。

正確には、変化がわかりやすい部分がアンプであり、ギターの交換による変化はまったく違う部分での変化と見るべきでしょう。

ただ、シールドケーブルについては、そのギターの良さを生かすか、殺すか、という部分かと思います。

加えて、比較的安価に交換ができる部分でもあります。



ここで一つ極端な例を考えて見ましょう。

50万のギター50万のアンプ、そして500円のシールドケーブルを使うとします。

50万のギターの音が、500円のシールドケーブルを伝わり、50万のアンプのから出ることになります。

どうなるかというと、良いギターの音(の要素)を、しょぼいケーブルが削りとってしまい、劣化した500円な感じの音が良いアンプから出ます

つまり、一度劣化した音は元には戻りません、ということです。

これは、音痩せ、というギタリストならば一度は通るであろう問題にも繋がります。

音痩せした音はアンプで音量を上げても、バンドの中で自分の音が一向に聞こてこない、ということが入門者には良くあります。(経験者談w)

いかに音痩せを回避するか、というのは重要な過大だと思います。

どんなにいい演奏をしても、聞いてる人に聞こえなかったら、それは演奏していないことと同じことですから。

入門者の場合、CANARE(カナレ)のケーブルが個人的にはお勧めです。

CANARE G05 BLK ギターケーブルCANARE G05 BLK ギターケーブル
()
CANARE

商品詳細を見る


さほど値段も高くなく、且つ素直な音だと思うので。

その上で、「もっと、こういう音が欲しい!」という明確な要望が見えてきたら、他のものと比較して交換・グレードアップ等するのがいいかと思います。

軽く見られがちな部分ですが、とても重要な部分です。


・注意!!
ここで述べている事は、あくまでも機材的(音響的)音質に関わる話であって、音楽的音質の話ではありません。
音楽的音質の良さを獲得するには、どんなに資質の高い人であっても、相応の訓練が必要です。
また、上手い人はどんな楽器を使っても上手い演奏をし、下手な人はどんな楽器を使ってもそういう演奏しかできません。
さらに、必ずしも"上手い演奏"="良い演奏"では無いということも付け加えておきます。

・・・・・・偉そうなこといってすいません












・・・

・・・・・・

自分程度の知識では機材マニアを名乗れませんが、こういうことを考えるのは楽しいものですw


関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。