スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

『Another』3話 あらすじ!!

『Another』3話 あらすじ!!

公式 http://www.another-anime.jp/story/#story-03
古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木たちにもその話について尋ねるが、誰もが困ったような表情を見せ、口を固く閉ざしてしまう。そんな時、恒一は亡くなった母親が「26年前の3年3組」の一員だったことを叔母の怜子から聞かされる……。





普段は放送前にここまで調べたりはしないんですが、この手のモノはどうしても先が気になってしまい・・・。

しかも、うろ覚えですが原作者の綾辻さんがツイッターで3話について言及なさっていた覚えがあるので、この3話で何か状況が動くのかもしれませんね。

この手のもので話が動くのはアレなわけですが・・・











アレ、三神センセ、かわいいぞ!?
3話あらすじのセンセ

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。