スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Jim Hall / Petrucciani (live) 『Beautiful Love』

Jim Hall / Petrucciani (live) 『Beautiful Love』

      



今回紹介するジャズはジム・ホール(gt)とミシェル・ペトルチアーニ(p)による『Beautiful Love』です。


ジム・ホール(Jim Hall、本名ジェームズ・スタンリー・ホール (James Stanley Hall) 、1930年12月4日 - )は、アメリカ合衆国のジャズ・ミュージシャン、ギタリスト。現代ジャズ・ギター界の巨匠で、パット・メセニーなど多くのギタリストが、ジムからの影響を公言している。(Wikiより)

ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani, 1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。
その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、また一部ではキース・ジャレットとも比較される。
(Wikiより)




お二方とも、自分の大好きなミュージシャンです。

そもそも自分がジャズに興味を持ったのが『ジム・ホール&パット・メセニー』でしたので・・・

それからはその周辺のミュージシャンのCDを聞き漁ったものです。


そしてミシェル・ペトルチアーニ!!

そのピアノの音だけを聞くと、ガタイの良いナイスミドルが豪快に演奏しているのを自分は連想してしまいました。

魂(?)の質量とか、そんなことを考えてしまいます。





そんな二人の演奏するこの『Beautiful Love』。

単純でありながらメロディー(テーマ)の美しさ。

「シンプル イズ ベスト」という言葉が頭の中をよぎります。




素晴らしいですね!

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。