スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

グーグル検索ランク1位は…?

グーグル検索ランク1位は…宿敵?ヤフー

 Googleが1日、2011年Google検索ランキングを発表した。2011年の総合検索ランキングは、1年を通して検索数の多かったキーワード、急上昇ランキングは、Googleの検索エンジンにおける検索ボリュームが昨年と比較して急上昇したワードをリストアップしており、急上昇ランキングには、今年のトレンドが色濃く反映されているという。トップ10は震災、モバイル機器、ネットサービスが独占した形となった。ランキングは以下の通り。

<2011年総合ランキング>

<1>Yahoo(2位)

<2>YouTube(1位)

<3>mixi(4位)

<4>Facebook(3位)

<5>Amazon(6位)

<6>楽天(7位)

<7>Twitter(8位)

<8>Gmail(10位)

<9>ニコニコ(-)

<10>翻訳(-)

※カッコ内は昨年のランキング


(以下略)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111201-871000.html




www

ニヤリとしてしまいましたよw

何ともまあ、皮肉な結果ですよな。

日本でよく使われる検索エンジンがやほー!だとは何かで聞いていましたがこういう形で出てくるとは。

『ググる』って言いますけど、多くの人は実際には『ヤフ』っていたわけですね。
(『ヤフる』って言うんでしょうか?)

自分も大抵はグーグル先生よりもやほー!を使ってるので、自分のような人が多いんですかねぇ。



mixi、三位ですね。

先日の記事で、実際の使用者数って減ってるんじゃないかなぁ的なことを書きましたけど、この結果を見るとそうでもないのかな?とも思ってしまいますね。

YouTubeは納得の結果ですね。本当に便利ですもんねぇ。

そしてニコニコ動画が10位以内にランクイン。

個人的には、基本的には一部の人(自分を含めた)に人気、と考えていたので少し意外でした。

予想以上にシェアは大きいのかもしれませんね。


関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。