スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

大気を持つ地球大の惑星、発見!!

大気を持つ地球大の惑星、発見!!

太陽系の外側に、これまで見つかった中では最も小さい、ほぼ地球サイズの惑星2つを見つけたと、米国などの研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。うち1つは地球のように、水蒸気を含んだ厚い大気に包まれている可能性があるという。

チームは、米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を使い、地球から約950光年離れた恒星「ケプラー20」を回る、 それぞれ地球の大きさの0.87倍と1.03倍の惑星を発見。外側の軌道にある1.03倍の惑星には大気があり、地表に水分が存在する可能性があるとした。

2つの惑星は大きさから、地球と同様に岩石質で、内部に核やマントルの構造を持つとみられる。
従来の最小の惑星は地球の1.4倍。

ケプラー宇宙望遠鏡は生命が存在できる惑星を探すことが目的で、すでに惑星とみられる天体を2300個以上発見。このうち48個は、生命に不可欠な水が存在する可能性があるとしている。

産経よりhttp://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9C8197E09B9C99E2E68DE0E2E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2




なんともロマンのあるニュースですね!

SF的な妄想を駆り立てられますw

しかし残念なのは、約950光年離れていることですね。

光の速さで950年もかかるのでは私たちが生きている間にはいけないでしょうし・・・



とはいえ、この広大な宇宙で人類は孤独な存在ではなく、数多く存在している生命体の一つなのかも、というロマン(?)に満ちた妄想に浸れたので良し、ですねw



関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。