スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

吉浦康裕監督(イヴの時間)の最新作『サカサマのパテマ』、2012年全国劇場公開!!

吉浦康裕監督(イヴの時間)の最新作『サカサマのパテマ』、2012年全国劇場公開!!

 2011年、iTunes映画ダウンロードランキングにて、並みいる大作を抑え全体で3位、邦画ランキング1位に輝いた『イヴの時間』の吉浦康裕監督の新作が、2012年に全国劇場公開されることが決定した。12月24日(土)未明にニコニコ生放送で行われた『イヴの時間 オリジナル版』鑑賞会に集まった約10万人の観客が見守る中、発表された作品タイトルは『サカサマのパテマ』。本作は原作・脚本・監督全てを吉浦康裕監督が手掛ける、完全オリジナルのアニメーション作品。12月24日(土)にオープンした本作のオフィシャルサイトには、巨大な空間とその中に佇む一人の少女の姿が描かれている。 “女の子が男の子と、男の子が女の子と出会う物語です。凄く王道で、でも凄く変な物語です”と吉浦康裕監督はコメントしているが、作品のストーリーはまだ秘密に包まれている。来年は劇場公開予定のアニメーションが多い中、オリジナル作品として細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』とともに、注目される作品になりそうだ。
記事全文⇒http://moca-news.net/article/20111226/201112261747a/01/

           サカサマのパテマ
           公式サイト⇒http://www.patema.jp/



吉浦康裕監督のプロフィールを見てびっくり。

・・・2006年に初の商業アニメ作品「ペイル・コクーン」(東京国際映画祭正式招待作品)をDVDリース・・・・



うわぁぁぁぁぁあああ、『イヴの時間』って『ペイル・コクーン』の人の作品だったのか!

あっさりスルーしていた、なんたる失態か!!

しかもこれ、もう次回作の発表じゃなイカ!?

情報収集を怠った結果がこれだよ・・・orz

『イヴの時間』もなんとかして見たいなぁ・・・。







それは取り敢えず置いておくとして。

なんとも綺麗なキービジュアルですなぁ。

そして物語は王道のうちの一つ”ボーイ・ミーツ・ガール”な模様。

でも凄く"変”とのこと。

うむ、何を意味しているんでしょうね?

公式サイトも立ち上がったばかりみたいですし、これ以外の詳しい情報は無いようです。

ただ、このキービジュアルと”ボーイ・ミーツ・ガール”、加えて個人的には『ペイル・コクーン』の人ということで、期待値はうなぎ上りな感じに。






うむ、wktk止まらないぞ。




関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。