スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

最終回が思い出深い漫画は?

最終回が思い出深い漫画は?

大好きなマンガが終わってしまったとき、「まだ続きを読みたい」と思うか、「このラストでよかった!」と思うかは人それぞれ。ときには、意外なエンディングに驚かされることもあります。今まで数々出会ってきた最終回の中でも、忘れられない作品の思い出がある人は多いのでは? そこで男性388名・女性612名に、最終回が思い出深いマンガを聞いてみました。 ※ネタばれも含まれるのでご注意ください。

Q.最終回が思い出深いマンガは?(複数回答):【男性編】
1位 『SLAM DUNK』 35.0%
2位 『DRAGON BALL』 13.9%
3位 『タッチ』 11.9%
4位 『幽☆遊☆白書』 10.6%
5位 『めぞん一刻』 10.3%


Q.最終回が思い出深いマンガは?(複数回答):【女性編】
1位 『SLAM DUNK』 20.9%
2位 『花より男子』 15.7%
3位 『タッチ』 14.5%
4位 『天使なんかじゃない』 12.9%
5位 『ママレード・ボーイ』 9.6%
5位 『幽☆遊☆白書』 9.6%

(以下略)
参照記事⇒http://news.nicovideo.jp/watch/nw174726?marquee
       http://cobs.jp/enquete/realranking/2012/01/8_2e.html


男女ともに『SLAM DUNK』『タッチ』『幽☆遊☆白書』が5位以内に入ってますね。

自分もこの3つの漫画には納得です。

各々、別々の思い入れがありますねぇ。

『めぞん一刻』のラストも好きでした。



このランキングの中には入ってはいませんが、個人的に凄く印象深いラストを迎えた漫画と言えば無印版『銃夢』ですかね。

そのラストを改変しての続編『銃夢LastOrder』も凄く面白いんですが、無印版『銃夢』のラストの美しさは素晴らしいものがあると思います。

主人公(ヒロイン)ガリィが自己犠牲(と言っていいのだろうか?)によって変わったその姿が『花』であったこと。

またその後日談での、発狂したノバァ教授の語り(書置き)。

確かに無印では放りっぱなしになってしまったところもあったかもしれませんが、ラストの、自分の貧弱なボキャブラリーでは美しさとしか言いようがないものは、今だに脳裏に焼きついています。



なので自分は『銃夢』と『銃夢LastOrder』はパラレルワールド、という感じで捉えています。






皆さんはどんな漫画のどんなラストが印象深いですか?




なもりさん(ゆるゆり作者)のdrawTwitすげぇ!!

なもりさん(ゆるゆり作者)のdrawTwitすげぇ!!

drawTwit(どろつい)は、Twitterにお絵かきを投稿できるサービスです
http://drawtwit.com/

らしいです。

そんなサービスもあるんですねぇ。

実際見てみたのですが、描いてるところを動画で見られるんですね。

ニコニコ動画の「描いてみた」の簡易版のようなモンでしょうか?





それで、ゆるゆり作者のなもりさんのdrawTwitをみてみました。

http://drawtwit.com/A57G86V
絵をクリックすると動画が見れます




・・・絵ってこんなさらっと描けるものなんですか?!

なんか、最初から頭の中に完成形があって、それをなぞっているように見えたのですが・・・

コレを見るのなもりさんのあの仕事の速さが納得できる気がしました。

他の上手い方のを見ても大概凄かったです。

「描いてみた」でもそうなんですけど、絵の描ける方ってホント凄いなぁなどと思いますね!



さっき書いた「最初から頭の中に完成形があって・・・」云々は絵に限らず、音楽やその他の創作関係でも同じ気がしますがどうでしょう?

『西原理恵子の人生画力対決』ゲスト・島本和彦・藤田和日郎(+ヤマザキマリ)!!

『西原理恵子の人生画力対決』ゲスト・島本和彦・藤田和日郎(+ヤマザキマリ)!!

http://www.ustream.tv/channel/garyoku
以前紹介した『西原理恵子の人生画力対決』です。





見れないかもなぁと思ってましたが、パタリロあたりでやっと見れましたよ!!

いやぁ、面白かった!!!

感想を書こうと思っても「スゲー!」しか出てこないです。





対決中の名言をustreamを見ながら書き留めてみました。

島本さん「似てないからを描こう!!」(「愛と誠」にて)

      「おまえらは表面ばっかりを見すぎだ。原稿の裏に何が流れているかを見なければいけない!」

藤田さん「インクが俺に使われたがっている!」





などなど。

この暑苦しさ(もちろん褒め言葉)、堪らないです!!

かっこいいなぁ!







ホント面白かった!!

そして4時間以上もお疲れ様でした!!





あぁ、最初から見たかったなぁ・・・



『はなまる幼稚園』の勇人、質屋を切り盛りする女子高生描くハートフル新連載!!【いろは坂、上がってすぐ。】

『はなまる幼稚園』の勇人、質屋を切り盛りする女子高生描くハートフル新連載!!【いろは坂、上がってすぐ。】

              勇人新連載!

本日1月6日に発売されたヤングガンガン2号(スクウェア・エニックス)にて、「はなまる幼稚園」で知られる勇人の新連載「いろは坂、上がってすぐ。」がスタートした。

「いろは坂、上がってすぐ。」は、坂の上にひっそりと建つ古ぼけた質屋を切り盛りする女子高生を描いたハートフルストーリー。第1話では、ある時計を売りにやって来た女性とのやり取りが描かれる。
(以下略)
作品紹介ページhttp://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/introduction/irohazaka/
参照記事http://natalie.mu/comic/news/62326




緊張感のある漫画ももちろん好きなんですが、こういう、あまり気を張らずに読める漫画もすごい好きなんです。

『はなまる幼稚園』もすごく面白かったですしね!(山本先生がかわいかったなぁ~w)

そしてこの新連載『いろは坂、上がってすぐ。』、 どのような話が展開されるんでしょうね?

舞台が質屋、主人公(?)が女子高生、そして・・・

早く読みたい!

が、色々個人的な事情から、単行本が出るまで待つしかないです・・・













まあ、その前に『はなまる幼稚園』の最終巻がまだ未読なので、まずはそちらですねw

 

『マンガで分かる心療内科』あすなフィギュア化!? 抽選100名にプレゼント

『マンガで分かる心療内科』あすなフィギュア化!? 抽選100名にプレゼント


                            心療内科5
                         マンガで分かる心療内科 5巻 (ヤングキングコミックス)

ゆうきゆう原作・ソウ作画「マンガで分かる心療内科」の累計130万部突破を記念して、少年画報社が「特製あすなフィギュア」を抽選100名にプレゼントしている。
「マンガで分かる心療内科」は、ヤングキング(少年画報社)にて連載中。一般的に理解が薄く、誤解されがちなメンタルの病をわかりやすく解説したギャグマンガだ。フィギュア化されるあすなは、臨床心理士のアシスタントを務めるナース。ボケ担当として作中では先生を困らせっぱなしのキャラクターが、どのように立体化されるのか。
(以下略)
参照記事⇒http://natalie.mu/comic/news/62270


記事中にもある通り、一般的に理解が薄くそのため誤解されやすいと言う分野の紹介を漫画でやっているという感じでした、以前自分が読んだときは。

もう5巻まで出てるんですね。

この表紙を見たらまた読みたくなってきましたw

自分は特にMというわけではないので、Aの「あなたってステキね(ハート」のほうが良いですね。

それにBのほうは一緒にいたら「イラッ♪」としそうですしw

どちらがいいというより、いやな方がどちらかって感じですかね。




自分はフィギュアって持ってないんですが、最近のだとブラックロックシューターとかのはすごいかっこいいなぁと思います。

今の所、結構な値段だと感じるので手は出せませんが。

そしてこのボケ担当ナースのあすながフィギュア化らしいです。

いったいどういう感じに立体化されるんでしょうね?

『マンガ大賞2012』が選考スタート!!

マンガ大賞2012が選考スタート!!


 「今、一番友達に勧めたいマンガ」をコンセプトに掲げ、最新のマンガから最も面白いマンガを選び出すマンガ大賞が今年も開催される。マンガ大賞実行委員会は、2012年の年明けと伴に公式サイトの新情報更新をスタート、選考スケジュールを発表した。
(~中略~)
 ひとつはそのコンセプトのユニークさだ。単行本発売8巻までに対象を絞ることで、まだ評価の定まらない新しい作品を取り上げる。さらに作家やマンガ編集者を審査員にもたず、様々な場所で活躍するマンガ好きが選ぶようにしたことだ。ほかの賞とは違う異彩を放つ。

(以下略)
参照記事⇒http://animeanime.jp/news/index.html
公式⇒http://www.mangataisho.com/



おお、こんな賞があるんですね。

確かにこのコンセプトは面白いですよね!

これはあくまでも、受け取り手の視点を重視するの賞ということなんでしょう。

専門家が審査をした場合は、色々な視点を持った方々も多くいるとは思いますが、基本的には発信する側の評価になる気がします(良くも悪くも“知る”という事は結構取り返しのつかない事でもあると思うので…)

他にどのような賞があるのかは門外漢の自分はよく知らないのですが、そういったものとは一風変わった賞なのでしょうね。

そして気になる過去の受賞作品は

第1回 『岳』(石塚真一)
第2回 『ちはやふる』(末次由紀)
第3回 『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)
第4回 『3月のライオン』(羽海野チカ)


となっています。

実際に自分が読んだことがあるのは『ちはやふる』のみですが、どれも機会があれば一度読んでみたいなぁと思っていたような作品ばかりですね!


スケジュールは

1月1日 選考をスタート
1月13日 選考を締め切り 
1月16日 上位10作品を1次選考通過作品として発表
(一次選考では、2011年1月1日から12月31日までに発売された単行本のうち8巻以内の作品が対象
選考委員が最大5作品までを投票する)
 
2次選考では、全選考員が候補10作品うぃ呼んだうえで、1位、2位、3位を決定。それぞれにポイントを与えて、ポイントが最も大きかった作品がマンガ大賞に決定。
3月下旬に都内で授賞式を開催、会場で受賞作品が発表される。





面白そうなのでちょっと気をつけておきたいところです。

良い作品との出会いにもなるかもしれませんしw

冬目景「マホロミ」最新話スピ掲載! 単行本1巻は今月発売!!

冬目景「マホロミ」最新話スピ掲載! 単行本1巻は今月発売!!

冬目景の不定期シリーズ「マホロミ 時空建築幻視譚」の第5話が、本日1月4日に発売された週刊ビッグコミックスピリッツ4・5合併号(小学館)に掲載された。
                         spi12-56.jpg

「マホロミ 時空建築幻視譚」は古い建物が持つ記憶をめぐり、建築科に通う大学生が不思議な体験をする奇譚。最新話が掲載されるのは2011年21・22合併号以来、約8カ月ぶり。続く第6話は1月16日に発売される7号に掲載。1月30日には単行本1巻が発売される予定だ。
(以下略)
参照記事⇒http://natalie.mu/comic/news/62193



おお、冬目景さんこんな漫画も描いていたんですね!

冬目景さんというと自分は、を思い出します。


個人的には、近年ではが面白かったです。


はまだ未読なので読んでみたいです。


「マホロミ」の第一巻は今月発売予定とのことなので、これも楽しみですね。








・・・発売されるのを忘れなければ良いけど(苦笑

【アカギ】『ざわ…リング』受注販売!!

【アカギ】『ざわ…リング』受注販売!!


福本伸行「アカギ」のグッズ「ざわ…リング SILVER-MATT」が、近代麻雀(竹書房)のグッズ通販サイト「近代麻雀STORE」にて販売されている。
「ざわ…リング SILVER-MATT」は、福本作品ではおなじみの効果音「ざわ…」を明朝体でかたどった艶消しシルバー調のリング。サイズは7号から25号までが用意されている。価格は8400円。注文を受けてから生産する限定商品で、専用の宝石箱も付いてくる。

                            zawaring.jpg
                            http://natalie.mu/comic/news/62108



!!

これは!

とてもオシャレとは言い難い。

が!

ちょっと欲しいぞ、ネタ的にw




ネタを知らないと「?」となってしまいそうではありますが・・・

映画「ベルセルク」予習 特別編集版コミックス発売!!

映画「ベルセルク」をイッキ読み!! 特別編集版コミックス発売!

映画『ベルセルク』をイッキ読みできる特別編集版コミックス「ベルセルク-黄金時代篇-」(著者:三浦建太郎/発行:白泉社)が2012年1月24日より毎週火曜日発売になります!!〈全6巻〉
今回の特別編集版コミックスは、原作のうち映画化される部分を再編集して大型極厚本で登場! 映画の内容を一気に楽しめます。http://www.berserkfilm.com/news/?p=327

ベルセルク特別編集版

①・②巻 1月24日発売
③巻 1月31日発売
④巻 2月7日発売
⑤巻 2月14日発売
⑥巻 2月21日発売
A5判・定価(各)650円(税込)
①~③巻には、映画の割引券付き!!

映画公式サイト⇒http://www.berserkfilm.com/news/?p=327
漫画公式サイト⇒http://www.younganimal.com/berserk/index.html



どうもこの「特別編集版」は映画の内容に合わせて黄金時代篇を編集したもののようです。

この黄金時代篇が最も面白いと感じる人は多いのではないでしょうか?

自分はそれ以降の話も好きですが、確かに黄金時代それ以降と考えてしまいます。

黄金時代は、登場人物たちの青春時代の輝きと闇、そしてその結末を描いていると自分は思うので、多くの人にとって理解しやすく且つ共感もしやすいのだと思います。(これ以降はそういった青春時代を終えた人がどう生きていくのか?という物語になっていっていると思います)

なので、映画版『ベルセルク』の予習としてだけではなく、未読の方にとっても読みやすいものでしょう(たぶん)

読んだことが無い人はこれを期に手にとってみてはどうでしょうか?

ただハードなシーンが多いので、そういったものに対する耐性があるのが前提なってしますとは思いますが…

    


「GUNSLINGER GIRL」最新14巻

「GUNSLINGER GIRL」最新14巻

                                    

<GUNSLINGER GIRL あらすじ>
公益法人社会福祉公社——障害者支援のための首相府主催事業を表向きとするこの組織の実態は、瀕死の少女たちに機械の体を与え、「条件付け」を施し、その少女たちを使って政府に敵対する勢力を秘密裏に排除する諜報機関だった。
生きることと引き換えに「義体」となった少女たち。
「条件付け」により、義体になる以前の記憶が封印された少女たちにとって、担当官の命令に従い、銃を持ち戦うことが何よりも幸せなのだった……。
架空のイタリアを舞台にした、少女と銃、そして周囲の人間が織り成す群像劇。

コミックナタリー特集記事より



先日紹介した『黄昏乙女×アムネジア』でもそうだったのですが、この『GUNSLINGER GIRL』も最初から別れが約束されているお話です。

なんといっても「義体は寿命が短い」という設定があるのですから。

そしてこのキャッチフレーズ「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ」

加えて、物語の主軸は義体の担当官であるクローチェ兄弟の復讐劇



・・・どういった方向に物語が進むのか、何となく想像できます。

興味のある方は一度コミックナタリー特集記事を読んでみるといいかと思います。

分かりやすくGUNSLINGER GIRLについてまとめてありますし、作者の相田さんのインタビューもあります。

上記のようなキーワードに惹かれる方はその記事とあわせてこの『GUNSLINGER GIRL』、一読することを薦めたいです。











この14巻を読んで、「うわぁぁ、やっぱりこうなっていくかぁ・・・」という感じでした。

9巻あたりから覚悟はしていたんですがねぇ・・・

何巻だったかは今思い出せませんが、ヘンリエッタ(ヒロインの義体)が、ある義体とその担当官が死亡した事件の真相を解明したエピソードがありました。

そのエピソードは後々関わってくるだろうと思っていましたが、ああくるとは・・・



おそらく物語も佳境でしょう。

どのように風呂敷が畳まれるのか楽しみです。






  



<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。