スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ガンスリンガー・ガール OP 『THE LIGHT BEFORE WE LAND』

ガンスリンガー・ガール OP 『THE LIGHT BEFORE WE LAND』



      




今回紹介するアニソンはガンスリンガー・ガールのOP『THE LIGHT BEFORE WE LAND』です。

コレをはじめて聞いたときは、「こんな曲を書ける人がいるのか、スゲー!!」と思ってのを良く覚えています。

で、よく見てみたらアニメのオリジナルではなくなるではなく既存の曲をオープニングに使ったともことらしいですね。

オープニングテーマ 「THE LIGHT BEFORE WE LAND」 作曲 - デルガドス(The Delgados)
この曲はアニメオリジナルではなく、デルガドスのアルバム『HATE』に含まれている。後にエンディングテーマとあわせてシングルリリースされ、サントラにも収録された。

(wikipediaより)



どう聞いても、日本人の感覚の曲ではないですもんね。

種明かしを知ってしまえば、なるほどという感じです。



ロミオ × ジュリエット ED2 『Good bye, yesterday』

ロミオ × ジュリエット ED2 『Good bye, yesterday』

      

CITY HUNTER 2 ED 『STILL LOVE HER (失われた風景) / TM Network』!!

CITY HUNTER 2 ED 『STILL LOVE HER (失われた風景) / TM Network』





今回紹介するアニソンはシティーハンター2のエンディング『STILL LOVE HER (失われた風景)』です。

随分古い曲ですがw

      

シティーハンターでTM Networkの曲というと『Get Wild』が有名だと思いますが、この曲もすごくいい曲だと思います。

何か特別なことを歌っているのではなく、毎日のありふれた日常の中の、ふとした瞬間を切り取ったような感じです。

こんな情景は誰しも経験があるのではないでしょうか?

そのせいか、自分は何か、懐かしさのようなものを感じます。

いい歌ですね!!

ガサラキ ED『LOVE SONG / 種ともこ』

ガサラキ ED『LOVE SONG / 種ともこ』

       

ガサラキ OP『MESSAGE #9 / 種ともこ 』

ガサラキ OP『MESSAGE #9 / 種ともこ 』

     

ゼーガペイン OP 『キミヘ ムカウ ヒカリ /新居昭乃 』

ゼーガペイン OP 『キミヘ ムカウ ヒカリ /新居昭乃 』

      

ちょびっツ OP 『Let Me Be With You / Round Table featuring Nino』

ちょびっツ OP 『Let Me Be With You / Round Table featuring Nino』

      

うっう~うっう~イェ~♪
うっう~うっう~イェ~♪♪














・・・今回紹介するアニソンはRound Table featuring Ninoによるちょびっツのオープニングテーマ『Let Me Be With You』です。

ファンキーでオサレな曲です。

個人的にはベースとドラムのリズムセクションがすごい好きですね。

Round Table featuring Ninoさんの曲は「ARIA」や「トップを狙え2!」、「NHKにようこそ」などでも聞くことができます。

そしてストリングスアレンジをしているのが「ココロ図書館」などでの宮川弾さん。

このリズムセクション+ストリングスがこのオシャレ感を醸し出していると思いますがどうでしょうか?




そして、もう一つの特色はこれまで紹介してきたアニソンのように明確なサビがないことでしょう。

まぁ、「うっう~うっう~イェ~♪うっう~うっう~イェ~♪」(かわいいなぁ、もうw)の所がサビと言えなくもないかもしれませんが、曲の勢いをトップに持ってきている訳ではないので。
(通常の日本の歌謡曲の“サビ”は基本的に最も盛り上がるパートでしょう)

前述のオシャレ感でみたして、無理に盛り上げず、ある意味での曲線的な雰囲気の良さで押し切る(?)というやり方かなぁ、などと思ってみたりします。

そのせいか、自分はこの曲は“歌謡曲”というよりも“ブラック・ミュージック”という感じがします。






・・・とはいえ、「かわいい」と「ブラック・ミュージック」ってもの変な感じですw



キャシャーン SINS オープニングテーマ『青い花』

キャシャーン SINS オープニングテーマ『青い花』

     

今回紹介のアニソンはキャシャーンSINSのオープニングテーマ青い花です。


なんとも渋くてカッコイイ曲です。

この曲に限らず、大抵のアニソンはキャッチーな曲が多いように思えます。

オープニングの場合だと、その曲が物語の導入でもあるとおもうので、キャッチーなメロディーに耳に残りやすい歌詞をのせるのかもしれませんね。

そしてサビの歌詞「ねぇ、どうして僕ら生まれたの?」の部分が劇中のキャシャーンと重なってきます。

サビ直前(58秒辺り)の何枚かのキャシャ-ンの止め絵も鬼気迫るものがあり、これから始まる物語を予期させますね。

実際その通りの内容なわけですが・・・




このアニメの場合、自分は内容より先にこの曲の方がまず印象に残りました。

・・・コピーしましたしねw

そしてキャシャーン某セイントに見えた人はたぶん自分だけではないでしょうねw





久しぶりにアニメの方も見直したいものです。

『紅の豚』 エンディングテーマ 「時には昔の話を / 加藤登紀子」

紅の豚 エンディングテーマ 『時には昔の話を / 加藤登紀子』

     





正直なことを言いますと、初めて『紅の豚』を見たときは映画にもこの曲にも特に感じるものはありませんでした。

今から思い返してみるとそれも仕方なかったのかなと思います、特に年齢的な面で。

年齢”というよりも“経験”といった方が良いかもしれませんね。

とはいえ、年を重ねるということは、経験を重ねるということでもあるとは思いますが・・・





今となってはこの『紅の豚』、自分の最も好きなアニメ映画の一つにです。

そして改めてこの加藤登紀子さんの『時には昔の話』を聞いてみて、以前とは全く変わって涙腺を刺激されました。

自分も“時間”を代価に貴重な“経験”を得ることができたのかな、と考えながらこの曲を聴きつつ、今この記事を書いています。

10年後の自分はもっと感動するのではないのかな、とも思いました。






こういう魅力を持った曲もあるんですね。

機動戦士ガンダム00 OP3 「儚くも永久のカナシ / UVERworld」

機動戦士ガンダム00 OP3 「儚くも永久のカナシ / UVERworld」

      


今回紹介するアニソンは機動戦士ガンダム00 第2期オープニングテーマの「儚くも永久のカナシ / UVERworld」です。

この曲に限った話ではないのですが、UVERworldさんの曲って大抵どの曲もキャッチーでエモーショナルですよね。

Blood+とか、地球へとか。

ホントカッコイイです!!

この曲のサビ部分が2期の宣伝で使われていたと記憶していますが、あまりのカッコ良さに一発でやられましたね。

冒頭のボーカルが軽くケロ声になってるのも好きです。(極端な音程の補正をすることによってこういった効果が得られる)

またその部分のアニメーションも良いですね。

特に主人公の刹那が振り返る(?)シーンが主人公の成長のように思えて凄い好きですね。




<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。